高校受験の基礎

神奈川県の公立高校入試の基礎知識
平成24年度から、公立高校の入試のシステムが、大幅に変わりました。
今までもなかなか分かりにくいものでしたが、新たな制度で実施する高校側
も含め、中学校も手探りの状態でした。現状でもまだその状況は否めません。
そのうえ、受験が初めての保護者の方にとっては、私立のことなども加わり、
わかりづらいものだと思います。とはいえ、基本から教えてもらうのも躊躇われたりして、
なかなか難しいでしょう。
そこで、新入試制度とそのほかの基本的なことをご説明いたします。

■公立高校の学区について
神奈川県立高校は全県で、横浜市立高校は横浜市在住に限り、学区が撤廃されました。どこの高校を受験して不利になりません。


■公立高校入試について
平成23年度入試まで実施されていた前期選抜(学力検査なし)と後期選抜(学力検査有)が、平成24年度入試から一本化され、受験の機会は一度になりました。

詳細はこちら、公立高校入学者選抜制度


■私立高校併願について
内申点が各私立高校が定めた基準以上であれば、公立高校(または私立高校)が不合格だった場合、希望の私立高校の合格を確約するシステムです。この場合、併願できる私立高校は1校のみです。

詳細はこちら、私立高校受験について


■私立高校推薦について
推薦は、志願する私立高校を第一志望とし、基準を満たしていれば合格となります。
当然、志望校1校のみしか受験できません。
従って、公立、私立とも他校に出願することはできません。

詳細はこちら、私立高校受験について


◆私立併願も推薦も最近では、内申点だけの判定ではなく、基本的な適性検査(多くは国英数)を課す高校も増えてきました。
 従って、推薦や併願だからと言って、安心できません。